フラスタジオラウレアのホームページもどうぞ! こちらをクリック!

2018年04月29日

『千の風まちづくり』西条産業文化フェスティバル

西条市産業文化フェスティバルでした。
メインステージにはエントリーしなかったのですが、
『千の風まちづくり』実行委員会様よりお声掛けをいただき、展示ブースでのパフォーマンスをさせていただきました!


2097A8D8-BBF5-4EB2-AF48-0DCD33F1731A.jpg

この商店街の有志の方々数名で発足したこの会は、
心で繋がれ、いまではJR西条駅の発車サウンドにまで選ばれた新井満さん作『千の風になって』。
西条市出身テノール歌手 秋川雅史さんがカバーし大ヒットしました。

その関わりにより、
北海道七飯町、新潟市、西条市がゆかりのある3市町として市民ペースで交流するようになり10年以上。

素晴らしい活動です!
旅立った方へ贈る手紙を投函する『白い羽のポスト』にもたくさんの方々から、手紙が寄せられているそうです。

その手紙は3冊の単行本となり、出版されています。

B4E956B7-9D38-4614-AF73-A631F8F4B6FB.jpg

私たちは今年1月8日に新潟市にて開催された『第10回千の風音楽祭』へ西条市代表として選出され、
出演させていただきました。

私のソロとしては5年前と4年前に、秋川雅史さんのお父様 秋川暢宏さんの歌で踊らせていただいただきました。

ご縁に感謝です❣️


20DE02A6-7067-433F-AAED-807FF5AC09C1.jpg

商店街の方々、観客の皆様の温かい応援の中、
同行の生徒と心を込めて踊らせていただきました。

観客の中には、ハウマナの姿も!
知り合いの方々もお声をかけてくださいました。

349658B7-B600-4789-98B2-3A867E0E3050.jpg

産業文化フェスティバルの出し物や出店も楽しませていただきました!

地域に人気の大きなイベントは活気があり、いいものです!

関係者の皆様、ほんとうにありがとうございました💜

来年も是非、参加させていただきたいと思います!




posted by Anuenue at 18:23| 発表会&イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

西条高校『お堀プロジェクト』アースデー


我が母校 愛媛県立西条高校。
旧西条藩主の屋敷跡。

四季折々の花がお堀の周りを彩る素敵な佇まいです。

75E42790-21B9-4F5A-99B5-89781A60F5BE.jpg
2D2A9F84-B387-4CCB-B863-B667043055B9.jpg

生徒たちが主体になって取り組む『お堀プロジェクト』。

去年のハロウィン企画に続き、この大手門前でのパフォーマンスにお声をかけていただきました!

今回のテーマはアースデーにちなみ、『地球環境について、
考え、アースデーをお堀から発信する』。

CBE6B6C9-5918-45D8-BBB5-D26084AF6085.jpg


高校生たちの日本音楽部、合唱部、吹奏楽部の発表に続き、地元ダンスチーム Go! Go! Jam Dance Club。
そして私たち、 クハイ ハラウ オ カレイアヌエヌエオカラニ パ オラパ カヒコと
繋がれました。

       


テーマに即し、地球の自然により近い古典フラから。
初めて観る方が多かったようです。

BA0CAE38-4CB9-4BDE-A4E1-8695A4DA107A.jpg

そして、大地の恵みから生まれたイプ=ひょうたんを打楽器として使うアウアナ=現代フラ。

ラストは現在、ハノハノアワードにノミネートされている『E ku'u Lei Puakenikeni』。

2089A74F-F8EC-4056-8632-56513DB7A10E.jpg


沢山の観客の方々で大手門前は賑やかで 驚きました。


災害時のライフラインの講習のあと、

プロジェクションマッピングの上映。

制作担当した男子学生は西条高校の創立年がわかる

工夫がありました!

創立122年。伝統校です。


憧れの

今も変わらない伝統のセーラー服を着て、この

門をくぐったときの新鮮な喜びが蘇りました。


652E4B3E-7AA3-4FF7-A778-925E181052B9.jpg

顧問の先生、校長先生、ご父兄のかたや地元の方々が
高校生の取り組み、アイディアを温かくサポート、応援されています。


1FD836CB-9EB6-4975-A4E2-FECBFCCBE4FD.jpg

高校生たちが作った炭をお土産にいただきました!  
お世話になりました。

7DAA6D50-259F-44B0-B066-3831E896B95E.jpg


集合写真撮影のとき、
『すっごくかっこよかったです!ずっとフラに興味がありました。』と話す女子生徒。

高校生のフラチームができたら最高!
posted by Anuenue at 01:06| 発表会&イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

内子座音楽祭 2018.4.21


『さくらアート』 増永さん主催のこの企画。
会場は愛媛県が誇る重要文化財 『内子座』です。

お声をかけていただいた時は、
まさにこれがご縁だなと感じていました。

長年 ジョイントさせていただくことの多い
個性派ハワイアンバンド 『Blue Lagoon Stompers』さんとのコラボ曲も!


C0711D82-9C03-4DB2-AC81-B4B07798EE7C.jpg



11C283D5-D9AC-4719-8699-1CA1DE9E8EC3.jpg

歴史ある建物からのエネルギーはとても神聖でした。
第2部ハワイのオープニングは観客の皆様への
歓待のオリ(詠唱)から。

ケイキとクムは花道。
ワヒネ、カネとのハーモニーが美しく会場内に
響き渡りました。さてスタートはカヒコ3曲。


DFF83577-4735-4C44-8459-A0DF0D593B28.jpg

カヒコを披露するときの、この凛とした程よい緊張感が大好きです。

0C5E833B-F66C-4378-8A1C-DD765B0802CF.jpg

フラの女神ラカを讃えたフラ発祥の地モロカイ島カアナを彩るレフアの花。
手編みしたレフアのレイとレイポオが華やかです。

初披露となる
カウアイ島の甘い香りのラウアエのレイのお話。
これはペレのロヒアウへの熱い思いを伝え踊ります。

そして、クハイ アヌエヌエの定番 、
皆で磨いたカラアウを使った女神ヒイアカたちの戦いの踊り。

361B4873-E9B5-4278-B1A7-D49C24F4711C.jpg

さすがのベテランダンサーたちのエネルギッシュなカヒコは、感動的でした!
クハイ アヌエヌエの魂のカヒコを演じることができました!

生徒たち、素晴らしかった!

65D22667-979B-4458-B9AA-D0C21B6F9F54.jpg
心地よい控え室。
東京からティアレクラス元フラシスの亜矢子ちゃんが!何年たっても、皆が繋がり、交流していることがなにより嬉しいです

広島へ引っ越す ともりんも来てくれました!

第3部の南米ペルーの部のアーティスト。
アントニオ カマケさんと。

99B0EC0F-8091-485A-9463-D7F66F5913E0.jpg



ブルラグさんと。
B6E90646-4BB3-460A-B3C7-DDCB3A736738.jpg


素晴らしい高速フォーメーションを
踊りきった今治ティアレクラスのH i'ilawe。
よく練習しました!

B9DA34B6-7D6B-4128-BD20-4E27359E977F.jpg



今をときめくケニケニのレイの歌
本当に甘く優しい旋律の歌。

私たちの師カワイカプオカラニ フランク ヒューエットの作品です!


3F1ECC76-4115-4C4B-9245-D66683336EB4.jpg


E ku'u Sweet Lei mae'oleは伊香保の思い出曲。
ホヌとピカケの松山クラスが。

16C039BC-703D-438E-9C09-2D52263AA8AD.jpg


6AF28E93-0BA4-4525-8EA7-F01805425363.jpg


しばらくハラウを離れるツインズと。宇和島ケイキたちとの最高のステージとなりましたね!フラで育てた強さ、優しさが彼女たちをこれからも支えてくれるはずです。


F99E91B5-AE49-4829-8E12-61A70D87A289.jpg

スタッフの皆様、増永さん、MC映子さん、
舞台を支えてくださった兼久さん、みなさまありがとうございました😊

B42DB2A9-ECD6-45A1-99E2-1AFEBC2D7AFC.jpg3238F509-E499-4DF0-A27B-559101E688A0.jpg

そして、素晴らしい自慢のハウマナたち!
皆んなへの愛と感謝でいっぱいです


待ち時間に幸せ過ぎて、涙しながら話したハウマナとの時間。ほのぼのした温かい気持ちの残る楽しい音楽祭でした。

第3部ではアントニオさんの素晴らしい盛り上げトークと音楽と歌に歓声!
皆でステージに上がり、サンバを踊って
フィナーレとなりました!

皆さまお疲れ様でした!
posted by Anuenue at 23:09| 発表会&イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

ファンドレイジングパーティ

4月15日 日曜日朝。

ハワイに似たマナが溢れている新居浜マリンパーク。
Pi'ikai(海で清める儀式)や野外練習でよく利用させていただきます。

EEC3E043-1CE3-4004-8BA4-CD3DF8A8E321.jpg


BEA3A091-2DD3-4E47-96D9-A010E43DB7B8.jpg

ここの屋内施設を利用してのハラウイベント。
下準備はすべて きょうの主役 浅山可奈と松山クラス ホヌ&ピカケたちで行いました!

そう、きょうは浅山可奈のファウンドレイジングパーティ。
6月24日六本木ヒルズ野外アリーナで開催される
『ミスフラレフア コンテスト』ソロ部門に出場します。

また、この日に合わせ、来週の内子座音楽祭出演メンバーの合同練習も行い、そのあとパーティ準備に。

蚤の市も全員の協力で、大盛況でした。


82D4D34D-581D-4288-98D7-72A560DFF80A.jpg


セカンドアルバムを出し、ますます好調の
ハワイアンバンド『 Blue Lagoon Stompers 』さんの協力でパーティもかなり盛り上がりました!

ブルラグさんとのメレフラ。
各参加クラス毎でのフラ披露。

美しい瀬戸内海、ヨットハーバーのロケーションをバックに。

644F79C2-C03F-4DD8-90B2-2FB883D34D0B.jpg

育児休暇中のハウマナも、元ハウマナも参加してくれました。
可奈の家族揃っての応援は何よりの励みになりました。途中ウルウルと目頭を押さえているご家族に温かい浅山家の絆を感じました。


7CCC179E-2A71-4988-92F3-DD945BD32264.jpg

可奈の人柄、ピュアな想いの溢れた和やかなパーティとなりました。
食事も美味しかったし、何より皆の笑顔が溢れて
温かいエネルギーが満ちてました。
この皆さまからの愛をたくさんもらって、
きっと6月24日は可奈のパフォーマンスから何かが
放出され、素晴らしい4分間となると思います。


2D60E617-8319-4BA9-871A-BF9A9336C117.jpg



23EBFB9F-7702-4D84-82AF-D8E9DC21C5A7.jpg


参加できなくても、寄付や蚤の市などに
たくさん協力してくれたハウマナ、友人たち、
マリンパークの皆様、
レストラン グランブルーの皆様、
ありがとうございました!

















posted by Anuenue at 23:47| 発表会&イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

フラを教えるということ、ウニキのこと



フラの先生には国家試験も資格試験もありません。
では、ハワイのフラの先生方はどのようにして
クム(先生)になるのでしょうか。

中には多くの日本人同様、
自分で思い立ち、自分で決めて自ら先生になる人もいるそうですが、正式には認められてないようです。

長い長い下積み、ハラウでの経験、人格など、
フラの師匠から認められて初めて『ウニキ』を経てクムフラ(フラの先生)となることができます。

私は日本人でありながら『ウニキ』を受けることができました。もちろん、ハワイのハラウで長い長い経験を積んだ訳ではありませんから、まだまだ学びが足りません。
しかし、師匠から声をかけていただき、
ハワイ島の修行の家に通った2年間は
かけがえのない日々でした!


3CF38109-7AA7-4EE8-BB76-C2F2E4F906F3.jpg


『本物のフラを学びたい!』と枯渇していた時、
巡り会うことができた師匠です。
キラウエア火山から吹き降りてくる火山灰の風、
コキ蛙の鳴き声の響く夜の森。

修行中はノーメイクでの森の中での共同生活。
師匠が食事の世話をしてくださり、
ほぼ24時間フラの学びだけの日々。何と贅沢なことでしょう!

仲間との泣き笑いの毎日。

2年間のプログラムでオリ(詠唱)を含め、約
50曲以上の古典フラ(カヒコ)を集中して学ぶプログラムです。

もちろん、
イプヘケ、ウリウリなどの楽器をつくったり、森に入り、木を運び、カラアウとして使用するためノコギリも使いました。ラフィアスカート、ティーリーフスカート、レイメイキング、カヒリ(羽根かざり)などの作り方も教わりました。

782D3524-D32B-4C51-A7C3-26359A70A893.jpg


3DA664C7-3E88-4ACB-BB40-3723E56D7734.png



生徒たちにカヒコ(古典フラ)を教えるとき、
その時のノートから起こし直しますが、
あの日あの時の風の匂い、気温などがふと
体感して戻ってくることもあります。

ココナッツアイランドでのP i'ikai。
アイロロの儀式。厳かで神聖で、皆と泣きながら感涙したセレモニー。
ホイケの緊張感。クアフの前で1人ずつオリを歌ったときのドキドキ。

あのウニキ修行の日々を与えてくださった師匠への感謝の気持ちを常に忘れないでいます。

そして、私をウニキプログラムへ送り出してくれた当時の5人の生徒たち。
もうハラウを離れた人もいますが、いまでも皆のおかげと思っています。修行を諦めようとしていたとき、
『私たちが、留守を守るので、先生、行ってください!』と。

私がハワイにいる間は、
自宅に泊まり、まだ小学生だった息子の世話を交代でしてくれました。
彼女たちへの感謝を忘れたことは一日もありません。
だからこそ、途中でギブアップは決してしないと頑張れました。

フラを教えるということは
ハワイの伝統、文化、精神を伝えるということ。

ハワイを知らないで、ハワイの自然を、植物を、
風の匂いを、山の森の香りを知らずして教えることは
できません。ましてハワイへ行かずして。
ワイキキのショッピングやグルメの場所だけでは
本当のハワイは感じることはできません。

フラっぽいこと、フラを取り入れた何か、を
することは、もちろん、悪いことではありません。

フラへの理解、多くの方にフラを知ってもらいたいと模索する日々ですが、やはりその精神性、神道だということを最終的には理解してもらいたいと願っています。

まだまだ学びは足りませんが、
生徒たちと共に、もっともっと学び続けていきたい!



41CC0B7A-14BF-450E-9CA0-053A09A6D64D.jpg

ウニキ修行後 2年後の2012年、キヘイセレモニー。
森でククイの実を採り、種子を砕き焼き、炭をつくり、ハラの実を筆にして24個の虹の文様を描きました。

師匠から多くのことを学びました。
もちろん、今も学び続けています。

しかし、あのハワイの森での修行生活を
可能ならもう一度したい!

そんな思いがますます強くなるばかりです。

私がLehua Kawaikapuokalani Hewettのところへ
学びに行った頃は、日本でのウニキプログラムはありませんでした。

あれば入門したかもしれません。
しかし、やはり、あのハワイ島の森の中で修行できたことが、かけがえのないものだったことは、
間違いありません。

家族、生徒たち、友人たち、
観客の皆様の笑顔に支えられ、今のハラウがあります。

期待されることは大切なこと。
我慢することや辛いことに耐える事も時には
あります。
メリーモナークのダンサーたちを観ていると、
彼らの積み重ねてきた努力や我慢が、
美しさと同調感の結晶となって輝いているなと
痛感できます!

本気で突き詰めた先に本当の喜びと楽しさが
あるのだと思います。

学びは一生終わることはないでしょう。
だから、私はまだ髪を切ることができません。







posted by Anuenue at 01:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

イリマクラスお花見シーズン親睦会


12年の付き合いとなる四国中央市土居のイリマクラス。
仲良し和気あいあいのクラス

きょうは毎年のお花見シーズン定例親睦会。
幹事リーダーの Yuko& Sonomi姉妹が美味しいお弁当🍱を手配してくれました!
持ち寄りのお菓子に紅茶☕️コーヒー。


F2B71D4D-F57F-4F23-A525-F9E833B832E1.jpg

楽しいおしゃべりで盛り上がりました!

いつまでも若々しく、アンチエイジングで
健康維持のためにフラを楽しみながら、目標を持ち、歩んでいって欲しいです!


26C28B28-CDD8-46B4-9959-CC7CA3160C34.jpg

きょうもありがとう

もちろん、このあと、みっちり2時間レッスンしましたよ!

A02B6062-3EB0-4D19-B886-A83F777D5C0C.jpg



posted by Anuenue at 00:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする